東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

バリ島満腹レポート:クルンクンのサテ・カンビン

20090723BALI2009_340.jpg

サテといえば、インドネシアを代表する料理で、要は串焼き。甘辛いピーナッツ・ソースがたっぷりとかかっていて、鶏肉を使ったサテ・アヤムが一般的。クルンクン(Klungkung)という町はサテ・カンビンが有名で、『カンビン』とは山羊のこと。つまり、山羊の串焼きです。

豪邸の奥様に「サテ・カンビンがどうしても食べてみたいんだけど」と尋ねてみたら、クルンクンに連れてきてくれました。もうもうとした煙を辿ると、練炭のような炭でサテ・カンビンを焼くオヤジを発見!

20090723BALI2009_345.jpg


この店を見て、奥様はどん引き。

「市場の店だなんて知らなかったのよ。ほんとうにごめんなさい。大丈夫?私も若いときには来たことがあるけど・・・。ほんとにこんなところで大丈夫?ほんとうにごめんさなさいね」

さすが奥様、市場でご飯を食べたりしないのです・・・。僕はといえば、こういう買い食い大好き!
ちなみに、奥様に「そこで売っている餅が食べたい!」と言ってみたら、「私がちゃんとしたのを買ってきてあげるから」と禁止されてしまいました。買い食いの楽しみが・・・涙。


で、サテ・カンビンに話を戻しますが、山羊という響きにワイルドな肉を期待していましたが、実はとってもおいしい肉でした。たしかによく噛むと、遠くから野性味を感じられるんですが、臭みなんかでは全然なくって、深いうまみがしみ出してくる感じです。そういえば、韓国の田舎で山羊の焼き肉を食べたときも、まったく臭みがなくて驚いたのでした。きっと新鮮な山羊はくさくないんだと思います。

ところで山羊肉ですが、沖縄同様、スタミナの素なんだそうです。いわゆる、精力剤です。だから女の人や年寄りはあまり口にしないものらしい。

20090723BALI2009_341_20090806020924.jpg

今回はちょっとしたおやつとして食べたので、サテとスープ(山羊のモツが入っていて、超辛いけどウマイ!)をいただきましたが、本来はご飯も付いてきちんとした食事になるみたいです。奥様にご馳走していただいたので、値段はわかりませんでした。

クタやウブドあたりで食べると、他の肉でごまかされていたりすることも少ないないというので、サテ・カンビンを食べたければ、ぜひクルンクンの市場まで行くべしです!


スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/190-53a58079
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。