東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

バリ島満腹レポート:ローカルフードでさよならランチ。

20090723BALI2009_654.jpg

豪邸でいただく最後のお食事は、「特別に」バリの人が食べているものを取り寄せてくれました。
豪邸ご夫妻としては、外国人ゲストが不安な思いをしたり、お腹を壊したりしないように、ローカルすぎる食べ物は、あまり出さないようにしているようです。

通常のゲストに対しては、最後までインターナショナル・スタンダードなお料理でおもてなしするんだそうですが、僕たちの底なしの食欲と食への好奇心を見て、地元の食べ物にもきっと興味があるに違いないと、ローカルフードのお弁当を買ってきてくれました。ただし、「きちんとした清潔でクオリティの高いレストランに作らせたものだから安心してね」だそうです。そんなにご心配いただかなくても、僕のお腹はよほどのことがないと壊れたりしないんですけどね・・・。日本人って繊細なイメージなんでしょうか?


というわけで、ようやく巡り会うことができたローカル全開なごはんです。

手前のちまきのようなものは、中にお団子のような生地が入っていて、それを蒸すか茹でるかした、シンプルな主食です。もちもちした食感がとても懐かしい気持ちになります。葉っぱの香りと、自然な甘さがいい感じです。こんなふうに半分にカットして、中身を取り出して食べます。
20090723BALI2009_651.jpg

そして、奧の紙包みにされているのがバリ風のお弁当。
中にはおかずとご飯が一緒になっています。

20090723BALI2009_652.jpg

ご飯の上に乗っているのは、強烈に辛い唐辛子ソース(サンバル)。辛すぎて、叫びたくなるくらいで、ひとくち舐めただけで汗が噴き出します。食べ始める前に、まずこれを横によけるよう、ご指導いただきました。卵や、野菜の和え物、鶏肉の焼いたのやつくねのサテ(串焼き)など、このお弁当だけでバリ料理のフルコースを楽しめます。

いままで食べさせてもらっていたものはすべて外国人向けに辛さを調整してくれていたんだなとわかりました。汗だくになりましたが、ローカルな味に大満足です。

食後はまたまた特別なフルーツの登場。
まさに食べ頃に熟れたドリアンです。

20090723BALI2009_491.jpg

実はとても臭いのですが、口に入れるとあまり臭いとは感じないのが不思議。むしろとてもリッチで濃厚な香りです。十分に熟れているので、食感は超クリーミー。クセになります。
ところで、このドリアン、ビールと一緒に食べてはいけないってご存じでしたか?
ビールと一緒に食べるとお腹の中で発酵して毒のようなものが生成され、ひどい場合は死に至ることもあるそうです。ドリアンを食べるときは、絶対にビールと一緒に食べちゃダメですよ。
科学的な教えなのかはわかりませんが、現地の人が絶対にやらないというのだから、やめておいた方が良いでしょう。


これでランチも終わりかと思いきや、登場したのは庭師の若者です。
奥様が何か指示をすると、
20090723BALI2009_451.jpg
庭の椰子の木を登り始めたではないですか!命綱も何にもありません。素手、素足です!!!

10メートルくらいはあると思うのですが、身軽にひょいひょい椰子の木のてっぺんまで登ると、葉の上に腰掛けて熟れた実を次々に落としてくれます。地面に激突した椰子の実は、ドンっと鈍い音を立てます。

20090723BALI2009_591.jpg20090723BALI2009_584.jpg20090723BALI2009_583.jpg

庭師の若者は、手慣れた様子で椰子の実を鉈で削り、ココナッツジュースを用意してくれました。少し発酵が進んでいたので、酸味とシュワシュワした感じがありました。中身の果肉がまた美味で、ゼリー状なのをスプーンですくって食べるのです。
冷蔵庫で冷やしたら、さらにおいしかったと思います。
椰子の木なんてあちこちに自生していたりしますから、バリの人は子供の頃からココナッツジュース飲み放題なんでしょうね。

「あなたも登ってみる?」と奥様に聞かれましたが(冗談かと思ったら本気だったみたい・・・)、丁寧に辞退させていただきました。


食後、豪邸のご主人が、
「君たち、今日はいろいろ慣れないものを食べすぎたろう。この葉っぱは胃薬になるから食べておきなさい」
と、庭に生えている謎の葉っぱを食べさせられました。
20090723BALI2009_489.jpg

モロヘイヤのような粘りがあって、味はクセも無く、なんだかおいしい葉っぱでしたが、バリ島で食べたものの中で、もっとも奇妙なものでした。
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/200-52f09fe2
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。