東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

バリ島満腹レポート: オベロイ通りのイタリア料理店 『ULTIMO』

20090723BALI2009_640.jpg

バリの新しいレストランもトライしてみたい!ということで、ディナーはタクシーをチャーターし、クタエリアまで足を伸ばすことにしました。ワカガンガのレストランは、夜になると小さな羽虫でいっぱいだし・・・。

ネットで調べまくって選んだのは、グルメガイドの賞を取ったというイタリアンレストラン『ULTIMO』。
予約を入れようとホテルから電話を入れてもらったらすでに満席だというので、飛び込みで行ってみました。少し早めに出かけたので、運良くテーブルをゲット。しかし、すぐに満席になり、ウェウティング・バーにはテーブル待ちのお客がごった返しています。白人ばかりですが、確かに人気のレストランのようです。

席に着くと、チャキチャキと機敏な動きのウェイトレスが、メニューとともに、ガーリックバターとパン、グリッシーニを持ってきます。パンもグリッシーニも自家製でとてもおいしいです。

正統派のイタリア料理がひととおり何でもあるというかんじ。周りを見ると、パスタだけ、ピッツァだけという軽い食べ方の人もいれば、フルコースで食べているという人もいます。量がわからなかったので、とりあえず前菜とパスタまでをオーダーしてみました。

20090723BALI2009_639.jpg20090723BALI2009_638.jpg生ハムのサラダとロブスター(切れ端)のサラダ
20090723BALI2009_637.jpg

パスタはアーティチョークのリゾットと、鴨のラビオリです。
味は普通。バリで普通のイタリアンが食べられるということが、すごいと思います。
オープンキッチンが見えるのですが、スタッフは全員現地の人みたい。
なにより、安いんです!!2皿目を食べ終え、まだイケル!とメインを追加オーダー。
オーストラリア産牛肉を使ったステーキとオッソブッコにしましたが、日本ではとっても高い値段が付いているオッソブッコが一皿たったの700円。骨髄もチュルッと楽しめました。
バリ島はワインが高いので、グラスだと1本1000円くらいしますが、このさい奮発して赤を追加。

20090723BALI2009_520.jpg


20090723BALI2009_636.jpg20090723BALI2009_518.jpg
ほんとうに普通にイタリアンレストランなので、リゾート感には乏しいですが、
物価の違いを楽しむには、こういうディナーも有りですね。
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/203-76bb4a31
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。