東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

さらにタイ料理。パイナップル炒飯。

チャーハン

タイ料理をもう一品。晩餐会のシメをどうしようかと悩んでキッチンをあさると、冷凍庫にごはん、果物カゴにいただきもののパイナップルがあるのを発見しました。これをパイナップル炒飯チャーハン(カオ・パット・サパロット)にしましょう。
果物の入った料理を嫌う人も多いですが、果物の酸味と甘みは、先入観を取り除いて食べると、塩気との組み合わせでとてもいいアクセントになるんです。だいたい、日本料理は砂糖をたくさん使っていて、もともと日本人は甘いおかずが大好きな食文化を持っていますし、世界的にも果物を使った料理はたくさんあります。このパイナップル炒飯も、パイナップルの甘みと酸味で、とても後味よく食べられるので、ぜひお試しあれ。


材料:冷やご飯、卵、ネギ、叉焼、パイナップル(フレッシュ)、塩、胡椒、ナンプラー、サラダ油、パクチー

<つくりかた>
1:ご飯はタイ米がベストですが、パラパラとしあがりやすい冷やご飯で代用。冷凍のご飯を使うばあいは、温まりすぎないくらいにちんしておきます。固めに炊いたご飯が炒飯にはよく合います。

2:卵を溶いて、塩で軽くした味をつけます。熱したフライパンにたっぷりめのサラダ油をひき、卵をふんわりと炒めたら、すぐに取り出しておきます。卵に吸わせた油が、炒飯のごはんをパラパラにするカギなので、ちょっと多すぎ?と思うくらいの油を使ってしまいましょう。

3:同じフライパンに少しだけ油を引き、みじん切りにしたネギと叉焼を炒めます。そしてご飯、2の卵を投入。ご飯をつぶさないように押さえながらほぐしていきます。卵がご飯に混ざってゆくと、だんだんパラパラとしてきます。

4:全体に火が通ってきたら、一口大に切ったパイナップルを加えて炒めます。最後にナンプラーと胡椒で味付けしたらできあがり。器に盛って、パクチーを添えていただきます。
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/26-bb703ddf
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。