東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

鶏と百合根のほっこり煮

P1021393.jpg

百合根は東洋医学においては「いらいら」や「不安」、「疲労回復」に効く食材とも言われています。だから元気がないときはぜひ百合根を食べましょう。いやいや、他人事ではなく、いま疲れているのは僕だったりします。悩み多き年頃ということでしょうか?そういうときにふと百合根が食べたくなるなんて、体は知っているのかも知れませんね。確かに、ほんのりとした甘みとほっこりした食感が、疲れた心や体に優しくしみわたるよう思います。12月から1月頃にたくさん出回るようなので、茶碗蒸しの脇役としてだけでなく、百合根を主役にした料理をいろいろ楽しみたいと思います。


材料:百合根、鶏もも肉、出汁、薄口醤油、みりん、柚子、三つ葉

<つくりかた>
1:出汁、薄口醤油、みりんで『八方出汁』をつくります。基本の分量は8:1:1。鍋に煮立てて、食べややすい大きさに切った鶏もも肉を強火でさっと煮て、取り出しておきます。

2:百合根は1片ずつはがして、土やおがくずを洗い流します。1の出汁で百合根を煮ますが、出汁の水分は百合根が少し頭を出している程度で多すぎないように。百合根に火が通ってきたら、鶏肉を戻してさらに煮ます。百合根がちょっとだけ崩れ始めて出汁を水分を吸って汁気がなくなってきたら、全体をよく絡めてできあがり。

3:器に盛って、おろした柚子の皮と茹でた三つ葉を散らしたらできあがり。

この料理のポイントは少し崩れた百合根が鶏肉にうまく絡むこと。水分量は控えめです。出汁の量が多すぎるとシャバシャバしてほっこりしません。百合根のホクホク感が一番大切なので、途中でちょこちょこ味見して、火の通りを確認しながら作ればなんとかなります。ただし味見しすぎて百合根がなくならないように気をつけて。



スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数4   
 
 
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  [] [Edit]
2008.11.22 Sat 04:17 東京ヒロリン #-
非公開のコメントをいただきました。
おいしくできたら、ご報告いただけるとうれしいです。。
もし改善点や、オリジナルのアレンジなどあったら、教えてくださいね。
コメントありがとう。  [URL] [Edit]
報告遅くなりなしたが...

作ってみました!
鶏肉の量が百合根に対して多すぎたので、急遽舞茸も入れてみました。
味的にはとてもおいしかったのですが、
他の事に気を取られて百合根を炊き過ぎてしまい
だいぶとろとろになってしまいました(><)
でも大好評でよかったです。
キノコ類入れるのもおいしかったヨ。

やっぱり"たいたん"系はいいねぇ~

(前回非公開にしたのは百合根を今まで触った事がないなんてナンカ恥ずかしかったから...スペインには無いねんもん!)
  [URL] [Edit]
2008.11.29 Sat 12:42 東京ヒロリン #WIuy44gk
おいしかったのは何よりです。
僕も、もう1素材加えた方がいいかなと思っていたので、舞茸のアイデア、いただきます!
百合根って、意外に早く火が通るんだよね。でも百合根のとろとろが絡んだお肉もおいしいでしょ。笑
また、新しいアレンジとか、ご報告お待ちしています。
>mikique  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/29-1c1d3e4d
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。