東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

お節カレー

煮物カレー

子供の頃、といってもほんの10数年前までは(すっかりオトナだって・・・)、お正月にはすべてのお店が閉まって、お節料理を食べるしかありませんでした。肉っ気のない地味なお煮しめや、しょっぱい数の子、魚臭い棒鱈ばかり食べさせられるのが苦痛で、もしお年玉がなければ、お正月廃止を求めてクーデターを起こしていただろうというくらいお節料理が嫌いでした。

それがオトナになって無理矢理お節料理を食べさせられることがなくなると、お節料理のなんとありがたいことか。
大晦日はAKちゃんお手製のお節をつまみながら飲み明かし、元旦の朝は地上を見下ろすレストランでお節料理の朝食で乾杯。2日にはツレアイが埼玉の実家からもらってきたお節でさらに乾杯。
お節っていいね、なんて言っちゃったりするわけです。
子供の頃の自分が今の僕を見たら、お節に寝返った裏切り者にしか見えないことでしょう。

でもね、3日目になると、そろそろお正月気分にも飽きてきて、もうお節はいいかなあなんて思い始めるのです。
「お節もいいけどカレーもね」というレトルトカレーのCMがずいぶん昔にありましたが、その刷り込み効果のせいか、お節の次にはカレーが食べたくなるのです。それも、本格的なインドカレーじゃなくて、市販のルーを使った家カレー


というわけで、お節料理の煮物をカレーにアレンジすることにしました。
水分が足りないので水を足して、コンソメ顆粒、カレールー、カレー粉、すり下ろしたニンニク、マンゴージャム少々、隠し味に石垣島ラー油を加えてコトコト煮れば、旨味たっぷり根菜カレーのできあがり。

あちこちからお裾分けしてもらったお節料理は2人暮らしにはちょっと多すぎるかなと思ったのですが、すべておなかの中に納めました。

今年も無事に、お正月をコンプリートしました。



※ところで、お節料理ばかり食べていると、根菜など繊維質のものが多いせいか、お通じが異常に良くありませんか?
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/378-05f1c233
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。