東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

ファーストは平皿なんだぜ!

シンガポールからの帰路は朝4時起き、7時発のフライト。


でもそんなのへっちゃら。
なぜなら…












ファーストクラスだったから!

さあ、これがファーストクラスだ!!!!

R0014137.jpg

朝食。ワッフルにしようかと迷ったけど、朝食らしくスクランブルエッグにしてみた。
ちゃんとスクランブルされている卵!!
ファーストクラスでは、陶器の平皿で出てくるんです。テーブルが大きいからできるんですね。
ビジネスクラスはもうちょっと小さめでボウルとか、ふちの立ち上がりがある器なかんじでした。

R0014143.jpg
陶器のカップに入った、あったかいミックスナッツ。大きな氷の入ったどっしりしたグラス。

R0014136.jpg
朝食の前菜はフルーツ盛り合わせ。テーフルクロスも敷いてくれます。

R0014135.jpg
バターのカップも平皿の上に。
フロストガラスでできたかわいいソルト&ペッパーの器はmade in Taiwanでした。

R0014134.jpg
オレンジジュースを飲みながら、ゆったり映画見たり。なんか余裕~。
古い機体なので、映画は8mmビデオってのはご愛嬌。
なかなかどうして、このくらいのサイズの液晶なら8mmビデオでも問題ない。
8mmビデオテープをさわったのって10年ぶりくらいで、懐かしくてうれしかった。


R0014144.jpg
お昼ごはんの軽食は、サテーと点心の盛り合わせ(ちょっと不思議な組み合わせ)。
なんにせよ、ファーストクラスの食器はとにかく平皿!!
場所をとる食器だけど、それくらい余裕で置けちゃうのがファーストクラス!!

席はこんな感じ。

R0014133.jpg
一人ひとり独立しているので、リビングのソファでのんびりしているかんじ。もちろん、隣の人が気になるなんてこともない。ふたりで乗ったらちょっと遠いんじゃないの?くらいの空間です。

R0014131.jpg
前方の棚にはテレビなどが収められていて、椅子の背にもたれたままじゃ、棚に手が届かないくらいの距離があります。
リクライニングすると棚の下の空間まで席が伸びてフルフラットになります。

R0014132.jpg
肘掛けについているボタン類。どれがなんなのか、しばらくはマニュアルとにらめっこ・・・。
シート調整はこれでもかっていうくらい、お好みしだい。
この肘掛けの左側にはフタ付きの物入れがあって、身近に置いておきたいバッグなどが収納可能ってのがすばらしい。

R0014148.jpg
エンジンがこんなに後ろに見えます。すなわち、機内で一番静かな客席なわけです。
数メートル先はコックピットで、ときどきドアを空けてパイロットが出入りするときに、操縦席が見えるのにもキュン!


シンガポールから成田までは6時間ちょっとのフライトでしたが、それはそれは快適でした。
フルフラットのなら熟睡も可能だし、飲みたければお酒も飲み放題。
ストレスを極小にして、我慢をしない。それがファーストクラスなんだなあ。

気になったので、いちおう調べてみました。
成田<->シンガポールのファーストクラス往復の正規運賃は、2011年5月の場合、



82万1500円(税・サーチャージ別)!!



これ、正規運賃払って乗ってる人、いるんでしょうか・・・。
一機に10席くらいだったから、もし全員が正規運賃で乗っているとすると、ここだけで1000万円近いってことか・・・。

CATくんには一生頭が上がらないかもしれない・・・(今だけ)。


スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/417-1b64a26e
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。