東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

豆腐と卵の雑炊

IMG_0843.jpgIMG_0845.jpg


深酒が続くこの季節。翌日、二日酔いとか、1.5キロ体重増加とか、そんなことも往々にして起こりがち。胃もだんだん疲れて来て、軽くリセットしたかった木曜日の晩ご飯は、雑炊をメインに、今週の残り物と、飛騨高山からやって来たお漬け物で、さらっとすませました。

鍋のシメとしてだけじゃなくて、雑炊だけを作ってみるのも、冬の夜には悪くありません。消化に良くて、低カロリーで、満足感もたっぷり。酒漬けの体に、だしの旨味がやさしく染みわたります。


材料:大根、にんじん、椎茸、葱、春菊、豆腐、卵、冷やご飯、だし汁、薄口醤油、みりん、塩


<つくりかた>

1:だし汁(だしの素を使用)を火にかけ、薄口醤油(ちょっと物足りないくらいの量)、みりん(醤油の1/4くらいで、あまり甘くしない)を加え、ちょっと物足りないくらいの醤油加減にします。味は、最後に塩で決めます。その方がさっぱりとしただし汁の味が楽しめて、見た目にもきれいだと思います。

2:マッチ棒くらいの拍子切りにした大根とにんじん、スライスした椎茸を1に加えて一煮立ちさせたら、手で適当な大きさにちぎった豆腐、冷やご飯を投入。さらっと仕上げたいならだし汁は多めでできるだけかき混ぜないこと。ぽってりとさせたいなら、だし汁は少なめにし、ちょっとかき混ぜたりしながら、ご飯にだし汁を吸わせていきます。

3:ご飯が好みの固さになったら、軽くほぐした卵を全体にまわしかけて強火に。卵が半熟になったら、春菊、斜め切りにスライスした葱を上に乗せて、火を消し、ふたをして1分待ちます。卵がふわっと仕上がって、春菊がくったりして、緑が鮮やかになればできあがり。


※熱々のままで食べたい雑炊には、断熱性の高い、漆器の器がぴったりです。
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
Tag : 雑炊 ご飯
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/48-21bec49a
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。