東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

ひとくち台北: 円山、魯肉飯・持ち帰り弁当 『丸林魯肉飯』

65.jpg

台北で、マンゴーかき氷と同じくらい食べたかったのが魯肉飯(ルーローファン)。
台湾マニアの友人からの「もし遠くてもいいなら円山の丸林に」とういうアドバイスに従って、故宮博物院からの帰路、タクシーで乗り付けました。

ここで閑話休題。
台北のタクシーは本当に安心で親切です。住所を紙に書いて見せれば番地までちゃんと理解して、確実に目の前まで連れて行ってくれます。中国語が話せない二人が乗ってきて、いきなり日本語で話し始め、行き先の住所を手渡し、それがすぐ近くだったとしてもイヤな顔ひとつせずに連れて行ってくれます。


話をもとに戻しましょう。

ここ『丸山魯肉飯』は地元の人たちに大人気の食堂。好きな料理をショーケースから選ぶと、小皿に少しずつ盛ってくれるので、食べたいものを指さすだけでOKなのが、旅行者には超イージー!『地球の歩き方』にも紹介されているらしく、日本語メニューもちゃんとあります。名物の魯肉飯(ルーローファン:豚挽き肉ご飯)や湯(タン:スープ)など、温かいものはこの日本語メニューを見てオーダーする仕組みです。
55.jpg


お昼に臭豆腐で大失敗したので、晩ご飯は目で見てわかりやすいものをチョイスしてみました。
58_20110814044330.jpg60_20110814044435.jpg57_20110814044330.jpg
56.jpg61.jpg59.jpg
54.jpg53.jpg63.jpg

写真左上から、浅蜊の醤油漬け、浅蜊のスープ、豚肉の醤油煮(角煮風)、
ヘチマの塩炒め、白苦瓜のスープ、豚肉と白菜と揚げ豆腐の和え物、
魯肉飯(小)。テーブルに載った小皿の数々。大きなフライドチキンも食べました。
お弁当として注文する客も多くて、白い箱に何種類ものおかずとたっぷりの白いご飯を詰めてもらってました。
持ち帰らずにテーブルで食べているひとり客もちらほらいたところを見ると、お弁当なら多くの種類が食べられて割安なのかもしれません。
62_20110814044434.jpg

この店には新鮮なフルーツをジュースにしてくれるコーナーもあって、担当のお兄ちゃんがミキサーを回し続けています。パパイヤミルク、さっぱりしていてうまい!!持ち帰るときにもこぼれないように、カップの上は透明フィルムでシールされてるので、ストローをプスッと突き刺して飲みます。
67.jpg66_20110814044434.jpg69.jpg

値段も安いし、メニューもわかりやすい上に、味もうまい!
地元感満載なこの食堂『丸林魯肉飯』は、台北の地元メシにトライするならオススメできるお店です。
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
Genre : 海外情報 台湾
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/507-d8328e80
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。