東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

草津、マクロビオティック&ファスティング 『ホテル クアビオ』

cookie.jpg


マクロビオティックに対して『貧相』『うさんくさい』そしてなにより『おいしくない』と思っていた僕は、これまできちんとマクロビの食事を体験することありませんでした。いや、むしろ避けていたというか。

草津のホテル クアビオは、『そんな』マクロビオティックの食事とファスティング(断食)を売りにしたプチホテルです。ちょっとしたご縁があって宿泊することになったんですが、ぎりぎりまで行くかどうか迷いました。

野菜しか食べられないのに(それもマクロビ)決してお値段は安くないし、貴重な休日をそんなにストイックに過ごしてしまってよいのか?!と半信半疑。でも、こういう機会でもないとこの先一生マクロビに向き合うことがないように思えてきて、むしろ「嫌い」と言うために経験してみようぐらいの気持ちで、草津行きの高速バスに乗り込んだのでした。

到着したのは・・・ん?なんだか高級リゾートちっく。
でも、ウェルカムサービスはカモミールティーと、ふすまクッキー!!でた!砂糖ゼロでドライフルーツとナッツ、穀類の甘みだけでできてるクッキーはやっぱビンボーくさ・・・い・・・わけでもなく、意外といける?
いやいや、騙されてはいけない。所詮はふすまクッキーだ!ふすまなんて鳥の餌みたいなもんではないか?!
で、でも、おいしいような気がするのはなぜ?さっそく先入観と味覚とが衝突です。


初めてのマクロビオティック体験。
忘れないうちにレポートしておこうと思います。


まず初めに、3食付きで11室しかないプチホテルはこんなかんじ。

kurbio.jpg
11室しかないとは思えない建物は、華美なところはないけれど、リゾートホテルの風情。

raunnji.jpg
リビングルームとしてくつろげるラウンジは吹き抜けで、大きなガラスの向こうは彼方まで見渡せる雄大な雪景色。暖炉で薪が燃える香りも心地良いのです。

ohuro.jpg
半露天になった浴室はラウンジと同じ方向を向いていて、ものすごい開放感。源泉100%かけ流し。強酸性でピリピリするほどのお湯はピーリング効果もあって、アンチエイジング効果も期待できるとか。

twinroom.jpg
泊まったのは2階のツインルーム。広々としていて、ふかふかの羽根布団も快適。窓の向こうは谷になっているようで、視界を遮るものはひとつもなく、遠くに山並みが見渡せます。
けっきょく滞在中は、一度もカーテンを閉めることはありませんでした。


ということで、食事のレポートは次回へ。



ホテル クアビオ

スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/573-45c58eed
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。