東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

ありがとうホップワン。さよならだけど、お元気で。

写真 12-05-31 18 42 59 (HDR)

目黒にある昔ながらの洋食屋さん、と昨日までなら書けたのですが、今日は「目黒にあった」と過去形で書かなくてはなりません。

ランチタイムにはいつもサラリーマンが行列を作っていて、目黒で『これぞ洋食』という料理を食べさせてくれる貴重なお店でした。店主のお父さんは「チェーン店と違って、手作りの洋食ってつ作るのけっこう大変なんだ。わたしももう76だし、元気なうちに引退することにしたんです」と、やさしい笑顔でお話を聞かせてくれました。
ホールを切り盛りする娘さん(ですよね?)も「私が生まれた時からあるお店だから、やっぱりさみしいですね」と。

僕が目黒で働くようになってからほぼ9年、美味しいランチをありがとうございました。
でも、ほんとは一日でも長く続けて欲しかったです。

最後の日に何を食べるか。
いつか食べてみたいと思っていた夢の贅沢メニュー、ステーキ?とも考えましたが、やっぱりいつも食べていたお気に入りの『パンチ』にしました。『パンチ』はハンバーグ、エビフライ、クリームコロッケという洋食トップスターの盛り合わせ。やっぱ、これこれ、これですよ。メラミンのカップに入った熱々の味噌汁もいつもの味。

まずは、きゅうりだけを横によけて塩を振り、エビフライ用のレモン汁を一絞りしてしばらく放置。それからエビフライにタルタルソース(クリームコロッケの分も全部)をたっぷり絡めて、3口くらいで食べちゃいます。カリカリに揚がった尻尾も美味しくいただきます。そしてハンバーグを1/3ほど食べたところで、クリームコロッケに行く。ここからはハンバーグとクリームコロッケ、サラダを交互に進めていくのが僕のお作法。ちょっとしんなりしてレモンが効いたきゅうりは口直しの漬物的にいただきます。特に順番を意識していたわけではないけれど、毎回おんなじ食べた方だなと気づいて、ワンパターンの自分がちょっとおかしく思えてくるけど、それほど馴染みのあった僕のパンチ。

牛レバーのソテーは安くて美味しいのが給料日前にはありがたかったし、ドライカレーのハンバーグ乗せはハイカロリーを気にしながらもガツンと手早く食いたい時のベストチョイスでした。


ホップワンの手作り洋食がもう食べられなくなると思うとこんなに寂しいことはないけど、みなさん、これからもお元気で。長い間、ごちそうさまでした。


写真 12-05-31 18 57 46 (HDR)
写真 12-05-31 18 22 01 (HDR)写真 12-05-31 18 22 13 (HDR)


スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/629-416826ed
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。