東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

ソウル・フード・ソウル その3:朝食は鮑のお粥『松竹』

IMG_9804.jpg


ソウルの料理屋は朝7時からとか24時間営業とか、けっこうあります。ホテルのビュッフェでトーストなんか食べてる場合じゃありません(僕の泊まったホテルは激安だったので、朝食なんて付いてませんけどね)。

ソウルの朝食としてどうしても食べたかった鮑のお粥(チョンボッチュッ)。素直にガイドブックにしたがって、お粥専門店としてはソウルで一番の老舗だという『松竹』に行きました。ホテルからタクシーで乗り付けます。ソウルのタクシーは安いので、市内中心部なら端から端まで30分くらい走っても1000円以下です。

松竹はシンプルで小ぎれいなお店で日本語も通じるので、朝のぼんやりした頭でも安心。
肝入りの鮑粥と松の実のお粥をオーダーしました。

写真の緑色っぽいお粥が鮑粥です。肝の色がこんなふうなんですね。
卵を潰して全体をよく混ぜて食べます。ねっとり系のお粥で、煮込みすぎた雑炊に近いです。鮑は細かく刻まれていてツブツブがあるくらい。旨味はしっかり濃厚で中国のお粥とも違います。鮑だからといって味自体に派手な贅沢さは感じませんが、朝にはピッタリのメニューです。体調崩した時、白粥じゃなくてこのお粥だったら元気出るな。

韓国料理は1品1品が色がはっきりしているので、テーブルの上に料理が並ぶととても色鮮やかです。
水キムチのピンクは、赤キャベツの色だそうで、色の説明をしてくれたということは、日本人はこのピンクの発色に人工着色?とビビるんだろうな。

IMG_9806.jpg

松の実のお粥はすべてすり潰されていて、ペースト状になっています。こちらも卵黄を混ぜまぜして食べます。松の実のちょっとクセのあるナッツ風味が香って、ちょっと塩を振って食べると味がしまってけっこうイケます。

IMG_9800.jpgうめ

韓国料理には必ずおかずが数品付いてきます。水キムチはピンクの汁がメインで、スプーンですくって飲みます。キムチ、タコの塩辛、ホタテの紐の塩辛、もやしのナムルがおかずとして供されますが、壁に張り紙してあったおみやげ用の梅の味噌漬けが気になったので味見できるか聞いてみたら、快く出してくれました。カリカリにつけ込むのが難しいそうです。ちょっと酸っぱくてピリ辛なので、酒の肴にもいいかも。

IMG_9812.jpg

なぜお粥専門店のメニューにあるのかはよくわかりませんが、桑の実ジュースと生人参ミルクシェイクも頼んでみました。桑の実はちょっと渋みがあってザラザラしていますが、ベリー系で安心の味。
以外だったのは生人参(朝鮮人参です)のミルクシェイク。蜂蜜で甘みが付けてあって、人参味もすごく爽やか。もしどこかで見つけたら、恐れずにトライしてみてください。日本円にすると、たしか一杯500円しないくらいです。

昨今の超円高のおかげで、韓国では何を食べても安く感じます。
なので、今回の旅行ではいくらだったかいちいち確認せずオーダーすることが多かったので、このお粥がいくらだったか、よく覚えていません。二人で3000円も払ってないんじゃなかったはずです。
もちろん、韓国の金銭感覚では高級な朝ごはんですが、滞在時間1.5日の円高観光客にとっては恐れるに足りません。ソウル、ガツガツ食べます。

sjk.jpg
お店はこんな通りにあります。

松竹(ソンジュッ
ソウル市 中区(チュング) 筆洞1街(ピルドンイルガ) 3-1
住所(韓国語)서울시 중구 필동1가 3-1
02-2265-5129
7:00-22:00※土、日、祝は15:00まで。


kbkmon.jpgksd.jpg

ソウルは夜更かしの街。午前中はお店もあまり開いてないので景福宮(キョンボックン)へ観光に。
基本的な構造は京都御所と同じ。日本と韓国は同じ中国文化の中にあるんだな。
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数2   
Genre : 旅行 韓国旅行
 
 
Comment
鮑のおかゆ、私も春に釜山で初体験だったけど、おいしいよね!ごま油の香りもまた良し。ぴろりんがいったお店ほどオサレじゃないけどね( *´艸`)
  [URL] [Edit]
2012.08.06 Mon 00:29 東京ヒロリン #FXbBe/Mw
そうそう、ごま油の香り!炒めてから作るのかな?この店は最近オサレ店になったみたい。朝ごはんに美味しいものが外食できる国っていいよねえ。
>うみちゃん  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/653-e5c90995
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。