東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

ソウル・フード・ソウル その7:タッカンマリをただの鶏鍋と思うなかれ。『陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ』

R0019415.jpg

ソウルで絶対に逃しちゃならない食べ物は何かと『韓国ツウ』たちに尋ねると、8割の確率で出てくるのが『タッカンマリ』です。『タッカンマリ』とは『鶏一羽鍋』という意味らしく、みなさんの説明を聞いても、ガイドブックの解説を見ても鶏一羽まるままを煮込んだ鶏鍋ということはわかるんですが、所詮は鶏鍋なんですよね?サムゲタンよりずいぶん普通に鶏鍋なんですよね?と思えてきます。でもみなさん「ほんとにメチャウマ。食べたら感動するから!」と、熱狂的に語ってくれるのです。

東大門の交差点から川沿いに少し歩き、路地ずうっと奥まで入ったところにSNちゃんおすすめの店『陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ(チンオックァハルメ ウォンジョ タッカンマリ。以下 陳ハルメ)はありました。似たような名前のいろんな店が競い合っているようで、どれが一番というよりは、どれが好みかで選ぶべきなくらい、同じタッカンマリといっても、店によって味が違うのだそうです。

で、この陳ハルメ。入った瞬間に失敗した・・・と思いました。
熱々の鍋を食べるというのにエアコン無しです。窓全開で、テーブルごとに巨大すぎる扇風機がブンブン回っているだけ。夏のソウルの夜は、東京に負けず劣らずの蒸し暑さ。巨大な扇風機の風が顔面直撃で座っているだけでイライラします。

それでもなんとか踏みとどまり、皆さんの言葉を信じてテーブルに着くと、注文を取ることもなく、鍋がドーンとおかれ、オバチャンがコンロに火を付けて去っていくんです。ペラペラのアルミ鍋の中は確かに鳥がまるまる一羽入っていて、なぜかジャガイモの輪切りがグサリと刺さっているほかは、葱がちょっぴり散らしてあるだけの貧相さ。どう見てもただ具の少ない鶏鍋です。

セルフサービスの水とキムチを自分で取りに行き、ビールを頼み、沸騰してくるまで鍋を眺めていましたが、食べ方がよくわかりません。どうも調理も食べ方も完全セルフサービスのようです。周りを観察すると、赤いタレを付けて食べるらしいのですが、このまるごとの鶏をどうすればいいのか・・・。忙しそうに走り回るオバチャンを呼び止め、どうやって食べたらいいの?と精一杯の身振り手振りで困った顔をしてみたら、テーブルにあった唐辛子ダレ、醤油、酢、辛子を合わせてタレをつくり、鶏をハサミでチョキチョキ解体してくれました。この間、おあいそ的なもの一切なし。物を知らないかわいそうな日本人め、めんどくさい・・・。ということなのかと不安になりましたが、韓国人に対しても説明するのは面倒くさそうで、完全セルフサービスというのがポリシーなだけのようです。


R0019416.jpgIMG_0131.jpgIMG_0129.jpgIMG_0133.jpg

キムチとニンニクも加えてさらに煮込むと、準備完了。
ま、鶏鍋でしょ?と高をくくりながらひとくち食べたら、あとは無言です。
しっとりと煮上がった鶏肉に、旨みたっぷりのスープ。合わせダレをつけるともう、やめられれない止まらない!

IMG_0135.jpg

食べ始めてしばらくの間、「めっちゃおいしい。来てよかった」しか言っていなかったと思います。

IMG_0144.jpgIMG_0145.jpg

餅もすすめられましたが最後は『クッス』(うどん)で〆。
うどんの前にスープを足してくれましたが、うどんを食べ終わる頃にはスープもほとんど空っぽです。

鍋自体はぜんぜん辛くないので、唐辛子が苦手な人もOK。
辛いものが好きならタレを辛くすればいいのです。
食べ終わる頃には汗だくで、はじめは苦痛でしかなかった強力扇風機が快感に変わっていました。

タッカンマリをただの鶏鍋と思うなかれ!
ソウルに来たらタッカンマリを食うべし!
騙されたと思って食うべし!

こうやってまた、熱狂的なタッカンマリ信者が誕生するのです。
というわけで、今日のエントリーは文章長すぎだな・・・。

二人で鍋一つ、ビール、焼酎を頼んで30000ウォンは激安!

R0019413.jpgR0019414.jpgIMG_0150.jpg

陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ
(チンオックァハルメ ウォンジョ タッカンマリ/진옥화할매원조닭한마리)
ソウル特別市 鍾路区 鍾路5街 265-22(서울특별시 종로구 종로5가 265-22)
電話 02-2275-9666
営業時間  10:30~翌1:00(ラストオーダー23:30)
darkhanmari.co.kr
スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数0   
Genre : 旅行 韓国旅行
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/657-64122137
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。