東京ヒロリンの ひとくち、食べてみ!

 おいしい記憶は、毎日の気持ちの記録。オレさまレシピもご紹介。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top
 
 

牡蠣と寒独活のバター炒め

20090119dsc_0063.jpg
20090119dsc_0075.jpg20090119dsc_0076.jpg

牡蠣かき)は読めるけど書けないし、うど独活と書くなんて、パソコンの変換で出てこなければ知るすべもない漢字です。ちなみに独活には、11月~2月に出回る寒独活と、 3月~5月の春独活があるそうな。東京の特産物というのも驚きです。寒独活は春独活に比べて香りが弱めなので、独活が苦手という人には、今の時期の独活がおすすめかもしれません。

ちなみにこの独活は、渋谷の東急Foodshowの見切り品コーナーで、サラダほうれん草とともに購入。両方とも100円。牡蠣は閉店直前の値下げで、約350gが500円でした。
見切り品やセール品といえども、デパ地下クオリティで超ナイスな買い物です。「かしこい主婦」気分が増長します。

魚介類は鮮度が命なので、だいたいちょっといい魚屋で買います。デパ地下もタイムセールをねらえば、近所のスーパーとは比べものにならない質のものが、近所のスーパーと変わらない値段で買えます。新宿西口の小田急ハルクと渋谷の東急FoodShowが、デパ地下魚売り場のなかでイチオシでしょうか。

こんなかんじで、日曜の晩ご飯を食べ始めたのは23時ちかくになってしまいました。
牡蠣と寒独活のバター炒め、にんじんと大根のきんぴら、鮭と茸の炊き込みご飯、わかめと豆腐のみそ汁 +冷蔵庫にあった残り物。
遅い時間にしては、ちょっと食べ過ぎました。



牡蠣と寒独活のバター炒め

材料:牡蠣、独活、サラダほうれん草、バター、酒、砂糖、薄口醤油、塩、胡椒、京都の七味唐辛子

<つくりかた>
1:牡蠣は海水くらいの塩水で振り洗いして、汚れを流し、ざるにとって水を切っておきます。

2:独活は短冊に切って、薄い酢水にさらしておきます。

3:フライパンを中火にして、バターを溶かします。火が強すぎるとバターが焦げるので注意。1の牡蠣と水気をよく切った2の独活を、フライパンの半分半分に入れて炒めます。柔らかい牡蠣と堅い独活をまぜこぜに炒めてしまうと、牡蠣に傷が付くので、はじめは同じフライパンの中で別々に炒めます。火加減を弱めにしておけば、それぞれをスプーンなどで時々優しくひっくり返すだけで、火は入ります。

4:全体にバターが絡んだら、隠し味の砂糖少々と酒を加えてフライパンにふたをし、ちょっとだけ酒蒸し状態にします。牡蠣がぷっくりしたら、火を強火にして、塩、薄口醤油で一気に味付けし、サラダほうれん草を加えて全体を和えたらできあがり。

好みで胡椒、七味などを振るとよいです。七味は唐辛子の辛みが強いものより、優しい辛さで香りの高い京都の七味がおすすめです。


スポンサーサイト
 ■コメントはココから■ : 投稿数2   
 
 
Comment
2009.01.20 Tue 13:12 ブースカ #-
明けましておめでとうございます。(おっそー。)
ウド、私多分食べたこと無いです。(ダメ女だなあ)
と思ったら、無性に食べたくなりました。
今年も美味しい記事、レシピ楽しみにしてまーす。
独楽(こま)って読みそうです。  [URL] [Edit]
2009.01.20 Tue 13:28 東京ヒロリン #FXbBe/Mw
すっかり明けましておめでとうございます。
独活(←この字がお気に入り)、僕は子供の頃は食べられませんでした。この味をうまいと感じられるというは、大人だなぁと感じます。
独活を食べて、大人の女の魅力を身につけてください。
がんば!笑
>ブースカ  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tokyohirorin.blog33.fc2.com/tb.php/79-dec9717a
 
 
プロフィール

東京ヒロリン

Author:東京ヒロリン
東京ふたり暮らしのごはん担当です。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
今、売れてる調理道具
  1. 無料アクセス解析
Top
Copyright © 東京ヒロリン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。